年代別の予防歯科

 
 
 
 

各年代に適したお口の予防

  • お口の中の状況は年代によって大きく変化するため、「何に対して予防や注意が必要か」ということも、年代や環境によって違ってきます。

  • 当院の院長は、・ 口腔衛生学会認定医(認定予防歯科医)、日本歯周病学会歯周病専門医、日本歯科保存学会歯科保存治療専門医の資格を取得した経験から、各年代に適した検査や予防を熟知し、お勧めすることが可能です。

虫歯なしの将来を決める大切な時期【お子さま(0~15歳)の予防】

  • 画像小乳歯から生え変わった直後の永久歯は、とても虫歯になりやすいため、予防歯科の定期検診や日々のブラッシングでしっかりケアする必要があります。大人になった時にカリエスフリー(虫歯なし)でいられるかどうかを決める大切な時期ですので、子どもの頃から、歯科医院での予防治療を習慣化しましょう。毎日お忙しい保護者の皆様には、当院がお手伝いをさせていただきます。

  • お子さまがもっと小さい時期には、歯みがきチェックなどで、保護者の方にも積極的な関わりをお願いしたいと考えます。また、中学生くらいになると、部活や友達関係が忙しく、歯みがきがおろそかになりがちです。そうならないためにも、小さい頃から丁寧な歯みがきの習慣が身につくよう、見守ってあげてください。

  • お口の中の状況は年代によって大きく変化するため、「何に対して予防や注意が必要か」ということも、年代や環境によって違ってきます。

  • 当院の院長は、・ 口腔衛生学会認定医(認定予防歯科医)、日本歯周病学会歯周病専門医、日本歯科保存学会歯科保存治療専門医の資格を取得した経験から、各年代に適した検査や予防を熟知し、お勧めすることが可能です。が忙しく、歯みがきがおろそかになりがちです。そうならないためにも、小さい頃から丁寧な歯みがきの習慣が身につくよう、見守ってあげてください。

  • フッ素を上手に利用しましょう

    • ご自宅でのブラッシングでは、フッ素入りの歯みがき剤を効果的に利用しましょう。近年フッ化物配合歯磨剤の割合が高まると、虫歯の本数が少なくなっているというデータもあります。

    • また、当院では虫歯の予防のためのフッ化物塗布を行っております。個人によりますが、1年に2〜3回塗布を行います。(フッ素塗布は自費治療となります。)

  • 甘いものを食べるときのひと工夫

    • 甘いものを食べると虫歯になりやすくなることが知られていますが、お腹が満足したあとのデザートとして食べたり、キシリトールなどの代用糖の入ったものをうまく利用するなど、ちょっとずつ工夫してみましょう。

  • 虫歯のなりやすさ検査(カリエスリスク検査)

    • 当院では、個人の虫歯になりやすさをチェックする検査を行うことができます。結果を考慮し、個人個人にあった予防処置を選択します。


歯の美しさがビジネスマナーの一環となります【20代~30代からの予防】

  • 20代~30代の予防対人関係が重要となるビジネスシーンにおいては、「爽やかな笑顔」に代表されるような、「第一印象の良さ」は大切なポイント。そこには、笑顔をより際立たせる「白くてきれいな歯」が不可欠でしょう。Super PMTCで歯の白さに磨きをかけたり、歯周病や口臭対策のために、定期的な検診をお勧めします。また、当院ではホワイトニングも行っております(自費治療、要相談)。

  • 欧米諸国などの「メンテナンス先進国」などでは、歯のメンテナンスは常識になっており、国際的な活躍をしたい方は、仕事の技術や能力を磨くのと同様に、しっかりと歯をケアすることも必要です。

  • 予防治療は、賢くお得な選択です

    • 虫歯になったり、歯が抜けたりすると、治療には長い期間と多くの費用がかかります。どのような種類の治療をするにしても、失った歯を補うのに必要な費用は、検査やメンテナンスにかかる費用よりも高額になります。痛い思いをした上で無駄な時間やお金を多く費やすより、事前に予防するほうが賢明です。

  • 妊娠と歯周病20代~30代の予防

    • 結婚や妊娠といった、生活環境の変化が多くなってくる時期であることにも考慮が必要です。妊娠中には、ホルモンバランスが崩れたりすることの影響で、歯周病が悪化しやすい口内環境になりますので、前もって歯周病の検査を受け、予防やケアを早めにスタートさせておくことをお勧めします。

もっとキレイに、もっと若々しく!(40代~50代からの予防)

  • アンチエイジング効果も発揮する予防ケア40代~50代の予防

    • 被せ物をした歯が多かったり、入れ歯だったりすると、どうしても老けた印象になりがちです。また、炎症によって歯ぐきの色が悪くなっている場合も、同様にくすんだイメージが心配になります。つまり、顔の印象の若々しさは、「口元の印象」に大きく依存するのです。

    • いつまでも若々しく、キレイに生き生きと過ごすには、口内環境を良好に保つことが大切です。しっかりと予防をすることで、ご自身の歯という最良の素材を失うことなく、口元全体の健康や美しさをキープしましょう。

  • 今までの治療を無駄にしないために

    • 多くの方は、子供の頃から今までの間に、虫歯を治療したり、矯正したりすることで、口元の機能を正常に保ったり、美しく整えるためのケアや治療を重ねてきたことでしょう。ですが、歯周病を悪化させてしまうと、歯ぐきの色が悪くなるばかりではなく、歯を支える骨が溶けて歯並びが変わったりしてしまいます。

    • せっかく矯正した歯並びが変わってしまったらガッカリですよね。予防治療によるメンテナンスで歯周病を防ぐことは、これまで受けてきた治療やケアを無駄にせず、より良い状況に改善したり、若々しさをキープするための最善策です。美しさを保つとともに、美味しいものを美味しく食して、健康で楽しい毎日を送りましょう。ホワイトニングなどの処置を行い、定期的に歯のカラーコントロールすれば、一層若々しく輝くのでは?

健康面の確保(60代からの予防)

  • 60代からの予防歯周病が悪化すると、さまさまな全身疾患の要因になること確認されています。年齢を重ねると免疫力が低下し、全身疾患も起こりやすくなりますので、ご自身の健康を確保する目的としても、お口のケアが重要になります。

  • 当院では、患者さまの疾患ごとに必要な情報をご提供いたします。

© 2013 Lumière Dental Clinic